インダストリー4.0とは?

製造業の未来を担う新たな産業革命 インダストリー4.0とは? インダストリー4.0(第4次産業革命)はドイツ政府が産業界が主導して推進する製造業の国家戦略プロジェクトです。近年IoTの進展とともに日本でも注目を集めるようになりました。製造業におけるコンピュータの活用に重点を置きAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といったIT技術を積極的に取り入れて、製造業を改革することを目指しています。インダストリー4.0は企業経営に直接関わる人だけでなく、生産現場で働く労働者にも深い関わりがあります。新製品の開発や既存製品の改良が飛躍的にスピードアップするだけでなく、生産設備の故障や損耗に前もって対処するなど、製造業の人手不足問題にも対処ができます。企業内のすべての人間が最新のテクノロジー情報を入手し、インダストリー4.0に向けた準備をすることが大切です。インダストリー4.0の中心には「スマートファクトリー」(考える工場)というコンセプトがあります。 スマートファクトリーとは? インダストリー4.0の中でも、中心的なコンセプトとして「スマートファクトリー」(考える工場)があります。スマートファクトリーとは、機械や人間、その他のあらゆる企業資源が相互に接続して通信し、生産プロセスをより効率化・高品質化させるための概念です。工場のスマート化を実現するには、インターネットだけでなく、IoT、ビッグデータ、AI、産業用ロボットなどの活用によるエンジニアリングチェーン、サプライチェーンのネットワーク化が欠かせないと言われています。IoTやロボットなどの先進的な技術を最大限活用し、ネットワークでつながる工場というのがスマートファクトリーの中心となります。 インダストリー4.0の狙いは? インダストリー4.0の発展が進めば、製造業においてより高度かつ複雑なモノ作りが可能となり、従来の生産モデルを大きく転換することが期待されています。サプライチェーンマネジメントや、需要予測においてもよりダイナミックな戦略策定が可能となるでしょう。とくに従来のライン生産とセル生産の長所を取り入れ、高付加価値の製品を大量に生産することを可能にした「ダイナミックセル生産」が注目を集めています。特に次の3点が重要と考えられています。 ・ダイナミックセル生産の実現

Continue reading

プラットフォームビジネスとは?

コロナ禍の中でも注目を更にましている「プラットフォームビジネス」とは? 近年のビジネスシーンで勢いのある企業の共通点、そのひとつが「プラットフォームビジネス」です。コロナ禍の中でもその勢いは衰えを知りません。Google、Apple、Facebook、Amazon、Airbnb、Uber……いまやプラットフォームは最も重要なビジネスモデルの一つです。プラットフォームは、ヘルスケア、教育、エネルギー、政府といった、より幅広い経済的、社会的領域の変革までも担いつつありプラットフォームビジネスに参入する企業も増えています。改めてプラットフォームビジネスとはどういったものなのかおさらいしてみましょう。 プラットフォームビジネスの基礎知識 プラットフォームビジネスとは、物を売りたい人やサービスを提供したい人が、購買者やサービスの利用者と、スムーズにマッチングできるような場を提供するビジネスモデルのことです。プラットフォームビジネスのメリットは、顧客のさまざまなニーズに柔軟に対応できることです現在のプラットフォームビジネスは実に多くの種類が存在しますが大きく2つに分けることができます。1つは、「イノベーション・プラットフォーム」です。中核となる製品や技術に、第三者企業が補完的な製品やサービスを付加できるというモデルです。例としては、GoogleのAndroidやAppleのiOSやAmazonのAWSなどがそうです。もう1つは、情報、物品、サービスのやり取りを可能にする「トランザクション・プラットフォーム」です。例としては、Amazonや楽天、Airbnb、Uberなどがそうです。 プラットフォームビジネスのメリット プラットフォームビジネスは、顧客のニーズに合わせた拡張や変化を容易に行うことができます。そのほか優位な側面として、顧客数や客単価のアップが見込めることやマーケティングにと相性が非常に良いためマーケティング戦略が立てやすいメリットがあります。 ・顧客数を増やせる 商品・サービスのラインナップが豊富になることで、多様な顧客ニーズを満たせるようになります。プラットフォームビジネスでなければ、家電や洋服、ゲームソフトの豊富なラインナップをすべてひとつのお店で売る、といったことは不可能ではないでしょうか。プラットフォームビジネスを展開することで、家電を買いたい人も、洋服を買いたい人も、ゲームソフトを買いたい人も、すべてプラットフォーマーの顧客にすることができます。またプラットフォームに参加する企業もその恩恵を受けることができます。

Continue reading