hybrid-apps-vs-native-apps

アプリ開発、ネイティブとハイブリットどちらを選択すべきか?

アプリ開発のメリット 日本国内のスマートフォン利用率も約80%とスマートフォンは今はなくてはならないものとなっています。若い世代に限らずシニア層も当たり前にスマートフォンを利用するようになった今、ユーザーとの接点を増やしたり、エンゲージメントを高めたりするうえで、アプリは欠かすことのできないツールになっています。マーケティング調査会社※によると、「スマートフォンでは平均30個のアプリが利用され、利用時間の85%を占める」という調査結果が出ています。これらのことから、企業がスマートフォンユーザーと接点を持ちたいのであれば、アプリというチャネルを用意することは極めて重要であることがわかります。 ※Nielsen Holdings PLC アプリのメリット 【認知度が上がる】スマホアプリの最も大きな特徴はやはり「スマホのホーム画面にアイコンが表示される」ということでしょう。ホーム画面にアイコンが表示されるということは、目につきやすくユーザーから常にアクセスしやすい状況になります。 【プッシュ通知送信】アプリからのお知らせをダイレクトにユーザーに送ることができます一斉送信のメールとは違いユーザーが本当に必要な情報を送ることができます。メルマガと比べてプッシュ通知はクリック率が4倍以上高いというデータもありアプリの利用回数増加にも繋がります。

Continue reading

2020年度に、ユーザーフレンドリーで上出来なモバイルアプリを開発する

今までになかったほど、近代の人々はスマートフォンの使用をしています。仕事やプライベート目的問わず、スマートフォンには様々なタスクに適応したアプリが存在します。なので、モバイルアプリ開発は、ビジネスオーナーたちにとって、有益な競争アリーナなのです。しかし、顧客の変動するディマンドに追いつくには、アプリに適したデザイン、インターフェイス、エクスペリエンスや応答性が必要となってきます。迅速なロード時間と、好ましい機能の品揃えの完璧なバランスによって、顧客とのやりとりを最大限にすることが可能です。 スムーズなモバイルアプリデザインに必要な、不可欠要素 2019年度時点で、すでに25億人ものスマートフォンユーザーが存在し、この数値は2020年やその後にも増加していきます。技術やディマンドが常日頃変動する中、あなたのアプリの関連性を保つのは簡単ではありません。以下では、どの様にしてアプリ開発をスムーズに行うか紹介していきます。 シンプル化されたナビゲーション 一つの機能から、他へ移動するナビゲーションは、アプリデザインの中でも重要な要素の一つです。なので、顧客のデマンドや期待の的に沿ったデザインをすることが大切です。そういったデザインは、ボタン配置、わかりやすい文字選びなどが含まれます。カテゴリーと機能が双方、並行に並んでいることが必要です。加えて、ユーザーが簡単にキーエレメントを使い、前画面に戻れる様にすることも重要です。ナビゲーションをデザインする際に、気をつけることのとして、アプリ全体の見た目に統一性があること、同じパターンを使用することが挙げられます。ナビゲーションの優先順位を「下」、「中」、「上」で分別し、スワイプ、タップやスクリーン画面の数を減らすことができます。 便利なユーザーインターフェース ユーザーインターフェースは、整理機能、コンテンツ、データブロック、余白を含む要素を指します。なので、ユーざーインターフェースを通して、あなたのユーザーが様々なアプリ機能の中で、行き先を見失わない様にすることができます。最初のステップとして、初めてアプリを使う人からリピーターまで、直感的にアプリ内をナビゲートするためのモバイルアプリデザインをすることが、まず初めの第一歩です。デザイナーはアプリを作る際に、ユーザーの視点から物事を考え、アプリ画面を見ただけで機能を一瞬で理解することができるか判断することが重要です。 同様に、見慣れた経路が存在した場合、ユーザーは安心感を抱き、習慣動作に基づいて行動します。ユーザーが深く考えることが、不必要になり、正しい道へと導くことができます。更に、アプリ内では、プライマリー・セカンダリー・ターシャリの対照的な色コンビネーションを使用することが大切です。

Continue reading