アプリ開発のフレームワークは何を選ぶべきか?

クロスプラットフォーム開発の際にどのフレーム枠を選択するかは重要な問題です。クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発フレームワークのトップ3の「React Native」「Flutter」「Ionic」は、次世代の最新のアプリ開発の最有力候補です。これらのフレームワークは従来のものと比べ他大きなメリットがあります。 ・Reactnative 「Reactnative」は、2015年にFacebookが開発したモバイル用のJavaScriptのフレームワークの「React」をモバイルで利用できるようにしたものです。 ・Flutter 「Flutter」 は、2018年にGoogleによって開発された「Dart」という言語を使って開発を行うモバイルアプリフレームワークです。デザイン性が評価されています。 ・Ionic

Continue reading
hybrid-apps-vs-native-apps

アプリ開発、ネイティブとハイブリットどちらを選択すべきか?

アプリ開発のメリット 日本国内のスマートフォン利用率も約80%とスマートフォンは今はなくてはならないものとなっています。若い世代に限らずシニア層も当たり前にスマートフォンを利用するようになった今、ユーザーとの接点を増やしたり、エンゲージメントを高めたりするうえで、アプリは欠かすことのできないツールになっています。マーケティング調査会社※によると、「スマートフォンでは平均30個のアプリが利用され、利用時間の85%を占める」という調査結果が出ています。これらのことから、企業がスマートフォンユーザーと接点を持ちたいのであれば、アプリというチャネルを用意することは極めて重要であることがわかります。 ※Nielsen Holdings PLC アプリのメリット 【認知度が上がる】スマホアプリの最も大きな特徴はやはり「スマホのホーム画面にアイコンが表示される」ということでしょう。ホーム画面にアイコンが表示されるということは、目につきやすくユーザーから常にアクセスしやすい状況になります。 【プッシュ通知送信】アプリからのお知らせをダイレクトにユーザーに送ることができます一斉送信のメールとは違いユーザーが本当に必要な情報を送ることができます。メルマガと比べてプッシュ通知はクリック率が4倍以上高いというデータもありアプリの利用回数増加にも繋がります。

Continue reading
Cloud Computing Services

アクセラレーテッド・クラウドコンピューティングで、業務改善を図る

現代経済が対面している不安定性の原因として、新しいテクノロジーの開発と産業分野にかかる様々な規制の増加が挙げられます。不安定な経済状況下、組織はサプライチェーンの複雑化、プロダクトライフサイクル (PLC) の短縮化、ディマンドの不確実性や、収益源の低下などの様々な困難に直面しています。この様な状況の最中、新しい革命的な道として浮上したのが、クラウドコンピューティングです。クラウドコンピューティングは、ビジネスのCSR、フレキシビリティーや効率の向上を促せることができます。 クラウドコンピューティングを使うことにより、内部ビジネスプロセスの効率化や、ディマンドの向上、販路拡大を可能にすることができます。事業が市場参入を促し、より良いユーザーエクスペリアンスを提供するために使えるクラウドサービスは、 DevOps とアナリティクス業務が結合したものです。クラウドコンピューティングサービスは顧客関係の、権限の向上、トランスペアレントな業務プロセスや、ビジネスの安定化につなげることができます。 小規模ビジネスが、クラウドコンピューティングをなぜ取り入れるべきか 過去数年間に、クラウドサービス提供者は様々なビジネスのオペレーションに改革を起こしてきました。クラウドソリューションが更に安定し、メインストリーム化され、成熟期に入ってからは、

Continue reading

Webデザインでコンテンツを革命化

ウェブサイトデザインのサービスが数年前に開始されてから、コンテンツを吸収する方法が革命化されました。以前までは、ほとんどのウェブサイトは文字のみで出来ていました。しかし、今はユーザーは目につきやすいビジュアルがない限り、ユーザーは二度以上そのサイトを見に来ません。ウェブデザインは過去30年の中で、劇的に変化してきました。その期間の中、ウェブデザイナーは、他の現代のウェブデザイナーに追いつくため、講習を一つや二つ受けてきました。 ウェブデザインのビジネスに足を踏み入れる理由は、人それぞれです。間違った答えや正しい答えはありません。始めた理由ではなく、クリアにするべきなのはあなたのモチベーションです。ウェブサイトの構成に大切なのは、コンテンツをどのようにディスプレイするかです。ほとんどの人たちが全体の見た目を重視してばかりで、重要な構成を蔑ろにしがちです。 ウェブデザインを作るときのポイント たくさんのデザイナーが、ニーズを満たすために重要な過程である、様々なユーザータイプの識別に悩まされています。以下は、ウェブデザイナーの方々の参考になるポイントです。 コンバージョンに注目する 成功したウェブサイトは全て、サイトの使用者とビジネスのニーズ、両方を満たしています。ウェブサイトが成功するにはどちらも不可欠です。コンバージョンの為にデザインされたウェブサイトは、ウェブサイト訪問者をクリアな道のりを通して成功へと導きます。ウェブサイトによっては、はっきりとしたコンバージョンをするのに失敗しているものもあります。クリアな注目点が不足していて、訪問者をアシストできず、逆に混乱させてしまいます。 最近では、モバイル用にデザインされていないウェブサイトは、ウェブサイトに来る可能性がある人たちの為にデザインされていないと言えます。モバイルデザインは、サイトの寸法を変更するだけでなく、ユーザーのニーズがどう変動するかを考える必要があります。モバイル端末を使用しているユーザーのニーズはシフトしている為、そのユーザーの目を引く為に、デザイナーはサイトのデザイン、レイアウトや情報アーキテクチャがニーズと沿っているものを作成することが重要です。 サイトのロード速度

Continue reading

2020年度に、ユーザーフレンドリーで上出来なモバイルアプリを開発する

今までになかったほど、近代の人々はスマートフォンの使用をしています。仕事やプライベート目的問わず、スマートフォンには様々なタスクに適応したアプリが存在します。なので、モバイルアプリ開発は、ビジネスオーナーたちにとって、有益な競争アリーナなのです。しかし、顧客の変動するディマンドに追いつくには、アプリに適したデザイン、インターフェイス、エクスペリエンスや応答性が必要となってきます。迅速なロード時間と、好ましい機能の品揃えの完璧なバランスによって、顧客とのやりとりを最大限にすることが可能です。 スムーズなモバイルアプリデザインに必要な、不可欠要素 2019年度時点で、すでに25億人ものスマートフォンユーザーが存在し、この数値は2020年やその後にも増加していきます。技術やディマンドが常日頃変動する中、あなたのアプリの関連性を保つのは簡単ではありません。以下では、どの様にしてアプリ開発をスムーズに行うか紹介していきます。 シンプル化されたナビゲーション 一つの機能から、他へ移動するナビゲーションは、アプリデザインの中でも重要な要素の一つです。なので、顧客のデマンドや期待の的に沿ったデザインをすることが大切です。そういったデザインは、ボタン配置、わかりやすい文字選びなどが含まれます。カテゴリーと機能が双方、並行に並んでいることが必要です。加えて、ユーザーが簡単にキーエレメントを使い、前画面に戻れる様にすることも重要です。ナビゲーションをデザインする際に、気をつけることのとして、アプリ全体の見た目に統一性があること、同じパターンを使用することが挙げられます。ナビゲーションの優先順位を「下」、「中」、「上」で分別し、スワイプ、タップやスクリーン画面の数を減らすことができます。 便利なユーザーインターフェース ユーザーインターフェースは、整理機能、コンテンツ、データブロック、余白を含む要素を指します。なので、ユーざーインターフェースを通して、あなたのユーザーが様々なアプリ機能の中で、行き先を見失わない様にすることができます。最初のステップとして、初めてアプリを使う人からリピーターまで、直感的にアプリ内をナビゲートするためのモバイルアプリデザインをすることが、まず初めの第一歩です。デザイナーはアプリを作る際に、ユーザーの視点から物事を考え、アプリ画面を見ただけで機能を一瞬で理解することができるか判断することが重要です。 同様に、見慣れた経路が存在した場合、ユーザーは安心感を抱き、習慣動作に基づいて行動します。ユーザーが深く考えることが、不必要になり、正しい道へと導くことができます。更に、アプリ内では、プライマリー・セカンダリー・ターシャリの対照的な色コンビネーションを使用することが大切です。

Continue reading
Japanese Operational Ease With Cloud Server Migration

クラウドサーバーに移行して業務をラクにする

サーバー移行の準備は会社の規模関係なく、厄介な作業です。ソフトウェアを他のアプリケーションとインテグレートし、HR、商品プランニング、セールスやマーケティングなどのオフィス機能を自動化することができます。しかし、このプロセスは、ビジネスに必要不可欠の機能が含まれるため、リスクが非常に高いです。この全体を巻き込む作業の複雑さや、サーバー移行サービスへの投資の理由で、大規模会社はプラットフォームや何年も前にインストールしたシステムの移行を避けることが多いです。しかし、技術の進化によって新しい機能を追加する必要性が高まり、新しいプラットフォームに既存の機能があることを確認することが必要です。 全てのオペレーションを移行で移動させる サーバーの移行を成功させるには、長期間に渡ってコミットメントする必要があります。更に、新しいシステムがグローバルオペレーションのもと起動して、内部チームがシステムのスピードを管理する必要があります。アプリをはじめ、ITインフラ、クラウド、オペレーティングシステムやコンテンツ管理システムは、一つの位置から移行が可能です。以下は、移行するメリットです; 連結したプロセス 移行は、効率の向上化や、レガシーシステムから全てのアプリケーションを現在位置に持ってくることができます。多くの組織が、ソフトウェアをバーチャル化を目指しています。バーチャル化は、オペレートシステムとプログラムのホストが違う環境内で起動していることを指します。データベース移行は、他のソフトウェアやオペレーティングシステムなどの部分を保ちながら、一つのデータベースタイプから、もう一つへ移行します。 データの物理的な位置、プロバイダーのデータベースやデータのフォーマットを変更する可能性があります。新しい場所に移行する前に、全てのデータを一般的に理解されている、ポータブルなフォーマットに変換することが多いです。移行をプロセスするには、プログラムのライセンシングを行うか、プログラムを書くことが鍵となります。移行は、サーバーメンテナンスを行うか、データセンターの位置を変更するか、ウェブアセットの物理的位置を結合するために、現在のサーバーとハードディスクをアップグレードするか、置き換えをします。 移行のプロセスは、クラウド、レスポンス時間やクラウド内データにまつわるプライバシー法などに関係する難題や質問が頻繁に浮上します。しかし、このプロセスを手軽化・効率化させるオプションもまた、存在します。内部プロセスとビジネスニーズを解析することで、クラウドサポートサービスは、どのレベルのインテグレーションがあなたに適しているのか判断いたします。 レスポンスとパフォーマンスの向上

Continue reading
次世代ソリューションを使って、エンタープライズの再構成

次世代ソリューションを使って、エンタープライズの再構成

近代のテクノロジー変化の速度に追いつくのは、ビジネスにとって間違いなく困難なタスクです。デジタル技術は、新しい「シェアリアリティー」というフェノメノンを生み出しました。AI、ML、チャットボット、AR/VRとを軸とした次世代テクノロジーは、ユーザビリティ、スケーラビリティや未来のリソースを向上させるためにあり、これらをまとめてIotソリューションサービスと言います。退屈な人間労働を完全に自動化させてから、ビジネスは他社との競争に立ち向かうための強みを無くしてしまう、という恐れを持っています。 次世代インフラは、エンタープライズのビジネスをサイロ化を促しました。データ時代の現在、データ・インテリジェンス・アナリティクスを取り組む姿勢にある人たちが、市場のポジションで一歩先を行くことができます。 エンタープライズのビジネスモデルを次世代ソリューションを用いて再構成する方法 ベストなパフォーマンスを得るためのビジネスの必要条件が、日々変わる背景には、いつも消費者の存在があります。便利さと連結性は消費者が求める重要な要素の2つで、ビジネスは新しいイノベーションや崩壊を見出すことでしか前進できません。以下は、会社が投資できるフレッシュでイノベーティブな技術です; 生産過程の自動化 AIと自動化を組み合わせることで、多くの産業は収益と人件費にかかるコストの関係性にシフトを起こすことができます。両方のテクノロジーは会社が必要とする人件費を削減することができます。なので、リソースアクセサビリティ、業務スキル、消費者マーケットやインフラの品質など更に重要な点に着目する余裕ができます。数々のエンタープライズは、ML開発を使用したバーチャルエージェントや NLPにタスクを任せています。製造会社やサービスプロバイダーまで、どのビジネスも消費者マーケットとの距離感を少しずつ近づけてきています。 ロジスティックスとトランズアクション手数料 自動化された国際輸送プロセスの会計は、手数料を抑えることに成功してきました。デジタルプラットフォームはバイヤーとセラーを洗礼されたグローバル市場を通じてつないでいます。AliResearchの調査によると、Eコマースの国際的売り上げは2020年時点で1兆ドルに及ぶと予測されています。オンライン市場はオフラインのフローの代行をするため、超小型多国籍が浮上してきています。IoTの重要な改良点のひとつが、リアルタイムの輸送追跡で、AIがトラックの経路を道情報を基に追跡できます。自動運転のトラック、ドローン、クレーンや車が開発されると、より早く荷物の積み運びができ、人間的エラーを抑えることができます。

Continue reading
自社専用のアプリを開発するメリットは.jpg

自社専用のアプリを開発するメリットは?

自社でアプリを開発すれば、自社の業務に合わせて最適な業務アプリを作ることができます。また、使用していて欲しいと感じた機能をどんどん追加していくこともできますし、そういった改善を重ねながら長期間にわたって使用することができます。デザインも自由に設計できるので、使いやすく便利な業務アプリを作り上げていくことが可能になります。 スマートフォンが急速に普及する近年、スマホアプリの活用はマーケティング戦略の王道といえるまでになっています。皆さんも、日々スマホを利用する中で、アプリの影響力の大きさを実感しているはず。これからアプリ開発をする企業であれば、そのメリット・デメリットを具体的に把握することは必須事項でしょう。 そもそも何故アプリが人気なのか? アプリを作ることのメリット 1. スマホ利用者の目につきやすい スマホアプリの最も大きな特徴と言うと、やはり「スマホのホーム画面にアイコンが表示される」ということでしょう。ホーム画面にアイコンが表示されるということは、ユーザーからの認知度を上げることに加えて、常にアクセスしやすい状況を作り出すことに繋がります。 2.

Continue reading