ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークを構成する複数のコンピューターに、暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法のことです。 一定期間の取引データをブロック単位にまとめ、コンピューター同士で検証し合いながら正しい記録をチェーン(鎖)のようにつないで蓄積する仕組みであることから、ブロックチェーンと呼ばれます。 別名「分散型台帳」とも言われています。 ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)に用いられる基盤技術でです。 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンでは、ネットワーク内で発生した取引の記録を「ブロック」と呼ばれる記録の塊に格納します。 個々のブロックには取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示すハッシュ値※と呼ばれる情報などを格納します。 生成されたブロックが、時系列に沿ってつながっていくデータ構造が、まさにブロックチェーンと呼ばれる理由です。

Continue reading

インダストリー4.0とは?

製造業の未来を担う新たな産業革命 インダストリー4.0とは? インダストリー4.0(第4次産業革命)はドイツ政府が産業界が主導して推進する製造業の国家戦略プロジェクトです。近年IoTの進展とともに日本でも注目を集めるようになりました。製造業におけるコンピュータの活用に重点を置きAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といったIT技術を積極的に取り入れて、製造業を改革することを目指しています。インダストリー4.0は企業経営に直接関わる人だけでなく、生産現場で働く労働者にも深い関わりがあります。新製品の開発や既存製品の改良が飛躍的にスピードアップするだけでなく、生産設備の故障や損耗に前もって対処するなど、製造業の人手不足問題にも対処ができます。企業内のすべての人間が最新のテクノロジー情報を入手し、インダストリー4.0に向けた準備をすることが大切です。インダストリー4.0の中心には「スマートファクトリー」(考える工場)というコンセプトがあります。 スマートファクトリーとは? インダストリー4.0の中でも、中心的なコンセプトとして「スマートファクトリー」(考える工場)があります。スマートファクトリーとは、機械や人間、その他のあらゆる企業資源が相互に接続して通信し、生産プロセスをより効率化・高品質化させるための概念です。工場のスマート化を実現するには、インターネットだけでなく、IoT、ビッグデータ、AI、産業用ロボットなどの活用によるエンジニアリングチェーン、サプライチェーンのネットワーク化が欠かせないと言われています。IoTやロボットなどの先進的な技術を最大限活用し、ネットワークでつながる工場というのがスマートファクトリーの中心となります。 インダストリー4.0の狙いは? インダストリー4.0の発展が進めば、製造業においてより高度かつ複雑なモノ作りが可能となり、従来の生産モデルを大きく転換することが期待されています。サプライチェーンマネジメントや、需要予測においてもよりダイナミックな戦略策定が可能となるでしょう。とくに従来のライン生産とセル生産の長所を取り入れ、高付加価値の製品を大量に生産することを可能にした「ダイナミックセル生産」が注目を集めています。特に次の3点が重要と考えられています。 ・ダイナミックセル生産の実現

Continue reading

プラットフォームビジネスとは?

コロナ禍の中でも注目を更にましている「プラットフォームビジネス」とは? 近年のビジネスシーンで勢いのある企業の共通点、そのひとつが「プラットフォームビジネス」です。コロナ禍の中でもその勢いは衰えを知りません。Google、Apple、Facebook、Amazon、Airbnb、Uber……いまやプラットフォームは最も重要なビジネスモデルの一つです。プラットフォームは、ヘルスケア、教育、エネルギー、政府といった、より幅広い経済的、社会的領域の変革までも担いつつありプラットフォームビジネスに参入する企業も増えています。改めてプラットフォームビジネスとはどういったものなのかおさらいしてみましょう。 プラットフォームビジネスの基礎知識 プラットフォームビジネスとは、物を売りたい人やサービスを提供したい人が、購買者やサービスの利用者と、スムーズにマッチングできるような場を提供するビジネスモデルのことです。プラットフォームビジネスのメリットは、顧客のさまざまなニーズに柔軟に対応できることです現在のプラットフォームビジネスは実に多くの種類が存在しますが大きく2つに分けることができます。1つは、「イノベーション・プラットフォーム」です。中核となる製品や技術に、第三者企業が補完的な製品やサービスを付加できるというモデルです。例としては、GoogleのAndroidやAppleのiOSやAmazonのAWSなどがそうです。もう1つは、情報、物品、サービスのやり取りを可能にする「トランザクション・プラットフォーム」です。例としては、Amazonや楽天、Airbnb、Uberなどがそうです。 プラットフォームビジネスのメリット プラットフォームビジネスは、顧客のニーズに合わせた拡張や変化を容易に行うことができます。そのほか優位な側面として、顧客数や客単価のアップが見込めることやマーケティングにと相性が非常に良いためマーケティング戦略が立てやすいメリットがあります。 ・顧客数を増やせる 商品・サービスのラインナップが豊富になることで、多様な顧客ニーズを満たせるようになります。プラットフォームビジネスでなければ、家電や洋服、ゲームソフトの豊富なラインナップをすべてひとつのお店で売る、といったことは不可能ではないでしょうか。プラットフォームビジネスを展開することで、家電を買いたい人も、洋服を買いたい人も、ゲームソフトを買いたい人も、すべてプラットフォーマーの顧客にすることができます。またプラットフォームに参加する企業もその恩恵を受けることができます。

Continue reading

アプリ開発のフレームワークは何を選ぶべきか?

クロスプラットフォーム開発の際にどのフレーム枠を選択するかは重要な問題です。クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発フレームワークのトップ3の「React Native」「Flutter」「Ionic」は、次世代の最新のアプリ開発の最有力候補です。これらのフレームワークは従来のものと比べ他大きなメリットがあります。 ・Reactnative 「Reactnative」は、2015年にFacebookが開発したモバイル用のJavaScriptのフレームワークの「React」をモバイルで利用できるようにしたものです。 ・Flutter 「Flutter」 は、2018年にGoogleによって開発された「Dart」という言語を使って開発を行うモバイルアプリフレームワークです。デザイン性が評価されています。 ・Ionic

Continue reading
hybrid-apps-vs-native-apps

アプリ開発、ネイティブとハイブリットどちらを選択すべきか?

アプリ開発のメリット 日本国内のスマートフォン利用率も約80%とスマートフォンは今はなくてはならないものとなっています。若い世代に限らずシニア層も当たり前にスマートフォンを利用するようになった今、ユーザーとの接点を増やしたり、エンゲージメントを高めたりするうえで、アプリは欠かすことのできないツールになっています。マーケティング調査会社※によると、「スマートフォンでは平均30個のアプリが利用され、利用時間の85%を占める」という調査結果が出ています。これらのことから、企業がスマートフォンユーザーと接点を持ちたいのであれば、アプリというチャネルを用意することは極めて重要であることがわかります。 ※Nielsen Holdings PLC アプリのメリット 【認知度が上がる】スマホアプリの最も大きな特徴はやはり「スマホのホーム画面にアイコンが表示される」ということでしょう。ホーム画面にアイコンが表示されるということは、目につきやすくユーザーから常にアクセスしやすい状況になります。 【プッシュ通知送信】アプリからのお知らせをダイレクトにユーザーに送ることができます一斉送信のメールとは違いユーザーが本当に必要な情報を送ることができます。メルマガと比べてプッシュ通知はクリック率が4倍以上高いというデータもありアプリの利用回数増加にも繋がります。

Continue reading
Cloud Computing Services

アクセラレーテッド・クラウドコンピューティングで、業務改善を図る

現代経済が対面している不安定性の原因として、新しいテクノロジーの開発と産業分野にかかる様々な規制の増加が挙げられます。不安定な経済状況下、組織はサプライチェーンの複雑化、プロダクトライフサイクル (PLC) の短縮化、ディマンドの不確実性や、収益源の低下などの様々な困難に直面しています。この様な状況の最中、新しい革命的な道として浮上したのが、クラウドコンピューティングです。クラウドコンピューティングは、ビジネスのCSR、フレキシビリティーや効率の向上を促せることができます。 クラウドコンピューティングを使うことにより、内部ビジネスプロセスの効率化や、ディマンドの向上、販路拡大を可能にすることができます。事業が市場参入を促し、より良いユーザーエクスペリアンスを提供するために使えるクラウドサービスは、 DevOps とアナリティクス業務が結合したものです。クラウドコンピューティングサービスは顧客関係の、権限の向上、トランスペアレントな業務プロセスや、ビジネスの安定化につなげることができます。 小規模ビジネスが、クラウドコンピューティングをなぜ取り入れるべきか 過去数年間に、クラウドサービス提供者は様々なビジネスのオペレーションに改革を起こしてきました。クラウドソリューションが更に安定し、メインストリーム化され、成熟期に入ってからは、

Continue reading

Webデザインでコンテンツを革命化

ウェブサイトデザインのサービスが数年前に開始されてから、コンテンツを吸収する方法が革命化されました。以前までは、ほとんどのウェブサイトは文字のみで出来ていました。しかし、今はユーザーは目につきやすいビジュアルがない限り、ユーザーは二度以上そのサイトを見に来ません。ウェブデザインは過去30年の中で、劇的に変化してきました。その期間の中、ウェブデザイナーは、他の現代のウェブデザイナーに追いつくため、講習を一つや二つ受けてきました。 ウェブデザインのビジネスに足を踏み入れる理由は、人それぞれです。間違った答えや正しい答えはありません。始めた理由ではなく、クリアにするべきなのはあなたのモチベーションです。ウェブサイトの構成に大切なのは、コンテンツをどのようにディスプレイするかです。ほとんどの人たちが全体の見た目を重視してばかりで、重要な構成を蔑ろにしがちです。 ウェブデザインを作るときのポイント たくさんのデザイナーが、ニーズを満たすために重要な過程である、様々なユーザータイプの識別に悩まされています。以下は、ウェブデザイナーの方々の参考になるポイントです。 コンバージョンに注目する 成功したウェブサイトは全て、サイトの使用者とビジネスのニーズ、両方を満たしています。ウェブサイトが成功するにはどちらも不可欠です。コンバージョンの為にデザインされたウェブサイトは、ウェブサイト訪問者をクリアな道のりを通して成功へと導きます。ウェブサイトによっては、はっきりとしたコンバージョンをするのに失敗しているものもあります。クリアな注目点が不足していて、訪問者をアシストできず、逆に混乱させてしまいます。 最近では、モバイル用にデザインされていないウェブサイトは、ウェブサイトに来る可能性がある人たちの為にデザインされていないと言えます。モバイルデザインは、サイトの寸法を変更するだけでなく、ユーザーのニーズがどう変動するかを考える必要があります。モバイル端末を使用しているユーザーのニーズはシフトしている為、そのユーザーの目を引く為に、デザイナーはサイトのデザイン、レイアウトや情報アーキテクチャがニーズと沿っているものを作成することが重要です。 サイトのロード速度

Continue reading