アプリ開発のフレームワークは何を選ぶべきか?

クロスプラットフォーム開発の際にどのフレーム枠を選択するかは重要な問題です。クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発フレームワークのトップ3の「React Native」「Flutter」「Ionic」は、次世代の最新のアプリ開発の最有力候補です。これらのフレームワークは従来のものと比べ他大きなメリットがあります。 ・Reactnative 「Reactnative」は、2015年にFacebookが開発したモバイル用のJavaScriptのフレームワークの「React」をモバイルで利用できるようにしたものです。 ・Flutter 「Flutter」 は、2018年にGoogleによって開発された「Dart」という言語を使って開発を行うモバイルアプリフレームワークです。デザイン性が評価されています。 ・Ionic

Continue reading
hybrid-apps-vs-native-apps

アプリ開発、ネイティブとハイブリットどちらを選択すべきか?

アプリ開発のメリット 日本国内のスマートフォン利用率も約80%とスマートフォンは今はなくてはならないものとなっています。若い世代に限らずシニア層も当たり前にスマートフォンを利用するようになった今、ユーザーとの接点を増やしたり、エンゲージメントを高めたりするうえで、アプリは欠かすことのできないツールになっています。マーケティング調査会社※によると、「スマートフォンでは平均30個のアプリが利用され、利用時間の85%を占める」という調査結果が出ています。これらのことから、企業がスマートフォンユーザーと接点を持ちたいのであれば、アプリというチャネルを用意することは極めて重要であることがわかります。 ※Nielsen Holdings PLC アプリのメリット 【認知度が上がる】スマホアプリの最も大きな特徴はやはり「スマホのホーム画面にアイコンが表示される」ということでしょう。ホーム画面にアイコンが表示されるということは、目につきやすくユーザーから常にアクセスしやすい状況になります。 【プッシュ通知送信】アプリからのお知らせをダイレクトにユーザーに送ることができます一斉送信のメールとは違いユーザーが本当に必要な情報を送ることができます。メルマガと比べてプッシュ通知はクリック率が4倍以上高いというデータもありアプリの利用回数増加にも繋がります。

Continue reading