プラットフォームビジネスとは?

コロナ禍の中でも注目を更にましている「プラットフォームビジネス」とは?

近年のビジネスシーンで勢いのある企業の共通点、そのひとつが「プラットフォームビジネス」です。
コロナ禍の中でもその勢いは衰えを知りません。
Google、Apple、Facebook、Amazon、Airbnb、Uber……
いまやプラットフォームは最も重要なビジネスモデルの一つです。
プラットフォームは、ヘルスケア、教育、エネルギー、政府といった、より幅広い経済的、社会的領域の変革までも担いつつありプラットフォームビジネスに参入する企業も増えています。
改めてプラットフォームビジネスとはどういったものなのかおさらいしてみましょう。

プラットフォームビジネスの基礎知識

プラットフォームビジネスとは、物を売りたい人やサービスを提供したい人が、購買者やサービスの利用者と、スムーズにマッチングできるような場を提供するビジネスモデルのことです。
プラットフォームビジネスのメリットは、顧客のさまざまなニーズに柔軟に対応できることです
現在のプラットフォームビジネスは実に多くの種類が存在しますが大きく2つに分けることができます。
1つは、「イノベーション・プラットフォーム」です。
中核となる製品や技術に、第三者企業が補完的な製品やサービスを付加できるというモデルです。
例としては、GoogleのAndroidやAppleのiOSやAmazonのAWSなどがそうです。
もう1つは、情報、物品、サービスのやり取りを可能にする「トランザクション・プラットフォーム」です。
例としては、Amazonや楽天、Airbnb、Uberなどがそうです。

プラットフォームビジネスのメリット

プラットフォームビジネスは、顧客のニーズに合わせた拡張や変化を容易に行うことができます。
そのほか優位な側面として、顧客数や客単価のアップが見込めることやマーケティングにと相性が非常に良いためマーケティング戦略が立てやすいメリットがあります。

・顧客数を増やせる
商品・サービスのラインナップが豊富になることで、多様な顧客ニーズを満たせるようになります。
プラットフォームビジネスでなければ、家電や洋服、ゲームソフトの豊富なラインナップをすべてひとつのお店で売る、といったことは不可能ではないでしょうか。
プラットフォームビジネスを展開することで、家電を買いたい人も、洋服を買いたい人も、ゲームソフトを買いたい人も、すべてプラットフォーマーの顧客にすることができます。
またプラットフォームに参加する企業もその恩恵を受けることができます。

・客単価をアップできる
顧客を会員化することで、関係性を強化することが可能です。
会員になれば、メールでのセール告知や来店を促すこともできます。
リピートに繋げることより、顧客一人当たりの売上アップが期待できます。
特にプラットフォームビジネスでは、参加企業が他社やプラットフォーマーと顧客を共有できるのもポイントとなります。

・効果的なマーケティングが可能になる
会員の属性や購買履歴などの消費行動データを蓄積して、マーケティングに活用することが可能です。
特定の商品カテゴリだけでなく、カテゴリ横断的に膨大なデータを蓄積でき、マーケティングの可能性を広げられるのは大きな強みとなります。

プラットフォームビジネス成功のため条件

プラットフォームビジネスは、ネット環境があればどんな企業でも参加できます。
ただし、成功するかどうかは別の話で参加すればすぐに成功するようなものではありません。
大切なのは、どのようなプラットフォームを作成していくかです。
たとえば、成功企業をお手本にするのは一つの方法ですが、注意点もあります。
Amazonや楽天のように物やサービスを自由に売買できるサイトや仕組みは、もはや飽和状態のため差別化を図ることが重要になってきます。

・課題を解決、軽減するためのプラットフォームになっていること
フリマアプリの場合、オークションサイトの利用者が感じていた「商品価格が自分で決められない」「商品が買えるまでの時間が長い」などといった不満点を解消し、「売り手が価格を決められる」「欲しいものがすぐに手に入る」といったメリットを打ち出して成功しました。

・プラットフォームに参加者が勝手に増えていく機能が備わっていること
プラットフォーマー自身が宣伝しなくても、参加者が参加者を呼んでプラットフォームが拡大していく仕組みが重要です。
例えば、Facebookは、プラットフォーム内でゲームを作るためのAPIを公開し、多くの企業が自由にゲームを作成できるようにしました。
このことで多くのゲーム制作会社がFacebook内にゲームをリリースしました。
ゲームの多くは友だちを誘うことで楽しめるようになっており、会員が友だちを会員に招待する形で会員がみるみる増加しました。

・プラットフォームの参加者に不満を抱かせない仕組みができていること
顧客やアライアンスを組む企業は、不満を持つと他のプラットフォームに移ってしまう恐れがあります。
サービスが拡張しやすいよう自由度の高さを組み込んでみたりマナーの悪い方ばかりが集まってしまわないような禁止事項を儲けることも大事です。
ユーザーによって作られるコンテンツをUXの精度と最低限のマナーを担保し運用できれば、きっと良いプラットフォームになるのではないでしょうか。
またAmazonでは、プラットフォーマー自身は顧客との関係を構築できるものの、参入している企業やブランドにとっては逆に関係が弱体化する恐れがあることから、参入して数年後に離脱したり、初めから取り扱いを拒否したりしているケースもあります。
そういった点から企業側についてもアライアンスを組んでいる企業にも公平にメリットを得られるような仕組みづくりが重要となります。
顧客の意見には常時目を配り、耳を傾け、不満を放置しない態勢を作り保つことが大事ではないでしょうか。

まとめ

プラットフォームビジネスはこれからもより優良なビジネスモデルとして、より発展することが期待できます。
すでに、通販サイトやクラウドワークスなど、成功を収めたプラットフォームビジネスが多数ある一方で、新しく参入した会社が、優良なプラットフォームビジネスを立ち上げる可能性も十分に考えられます。
また今後、人口が減少するといわれている日本ではプラットフォームビジネスはどの企業にとっても無関係ではなくなる可能性があります。
自らプラットフォーマーになる場合だけでなく、既存のプラットフォームに参加する場合にもプラットフォーマーとどのような関係性を構築するかを戦略的に考える必要があるのではないでしょうか。
作り手だけでなく利用者も参加して成長させていく、時代を象徴するビジネススキーム、それがプラットフォームビジネスです。
価値観が多様化し、人々が求めるものがより幅広くなった現在のビジネス戦略として、極めて優れていると言えるのではないしょうか。

WeCodeでは60名以上のプロフェッショナルからなる専門の開発チームがお客様のアイデアを形にします。
お気軽にお問い合わせください。
無料見積・無料相談実施中!
www.wecode-inc.com | 〒305-0047茨城県つくば市千現2-1-6 | contact@wecode-inc.com | Tel 080-7094-9386