アプリ開発のフレームワークは何を選ぶべきか?

クロスプラットフォーム開発の際にどのフレーム枠を選択するかは重要な問題です。クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発フレームワークのトップ3の「React Native」「Flutter」「Ionic」は、次世代の最新のアプリ開発の最有力候補です。これらのフレームワークは従来のものと比べ他大きなメリットがあります。 ・Reactnative 「Reactnative」は、2015年にFacebookが開発したモバイル用のJavaScriptのフレームワークの「React」をモバイルで利用できるようにしたものです。 ・Flutter 「Flutter」 は、2018年にGoogleによって開発された「Dart」という言語を使って開発を行うモバイルアプリフレームワークです。デザイン性が評価されています。 ・Ionic

Continue reading
自社専用のアプリを開発するメリットは.jpg

自社専用のアプリを開発するメリットは?

自社でアプリを開発すれば、自社の業務に合わせて最適な業務アプリを作ることができます。また、使用していて欲しいと感じた機能をどんどん追加していくこともできますし、そういった改善を重ねながら長期間にわたって使用することができます。デザインも自由に設計できるので、使いやすく便利な業務アプリを作り上げていくことが可能になります。 スマートフォンが急速に普及する近年、スマホアプリの活用はマーケティング戦略の王道といえるまでになっています。皆さんも、日々スマホを利用する中で、アプリの影響力の大きさを実感しているはず。これからアプリ開発をする企業であれば、そのメリット・デメリットを具体的に把握することは必須事項でしょう。 そもそも何故アプリが人気なのか? アプリを作ることのメリット 1. スマホ利用者の目につきやすい スマホアプリの最も大きな特徴と言うと、やはり「スマホのホーム画面にアイコンが表示される」ということでしょう。ホーム画面にアイコンが表示されるということは、ユーザーからの認知度を上げることに加えて、常にアクセスしやすい状況を作り出すことに繋がります。 2.

Continue reading